PP2000までに覚えたいこと(その他編)

 グラップ、コンボ、対空とそれなりに基本は覚えてきた。あとは、覚えておけばちょこっと中級者の仲間入りになれそうなものも覚えていくことに。失敗してもめげないめげない。(笑)

0017

0019 基礎の基礎を覚えて、一方的に攻めて勝つだけとか一方的に攻められて負けとかいう対戦から、相手の行動を見て対応する読み合いができるようになってきた。ガードしている相手を見て、擦りプレイヤーなのか、グラップ仕込みプレイヤーなのか、よく見るプレイヤーなのかとか。なーんとなく分かるだけで駆け引きが楽しくなってくるね。逆に相手に自分の動きは相手に読まれないよう、なるべく単調な動きを止めるように心がけたりー。ということで、あとは読み合いで大切なテクニックにちょっとだけ手を出してみた。


グラップ潰し
 グラップ潰し(グラ潰し)は、投げ抜けを狙っている相手の行動を読んで、それを潰すという戦略。例えば、立ちグラップを狙ってる人は、グラップに失敗すれば投げモーションを空振りするので、ルーファスだったらファルコーンキックで追撃可能。ガード中投げ擦りをしているようなら、ファルコーン→ファルコーンと言う風に二回目のファルコーンで投げ空振りを誘いつつ潰すことができる。とは言っても、あんまり立ち投げを擦ってる人はいない感じかなー。たまーにこれでもかってくらい擦っている人がいるので、そういうときには重宝する。

 一方、しゃがみグラップや複合グラップ(小パンチと小キックと出したい技のボタンを同時押しすることで、グラップ入力をしつつ、任意の技でほかの技を出せる)というのは、こちらが投げを仕掛けなければ、なんらかの通常技で反撃する仕組みになっている。これらのグラップは、ワンテンポおいて技を出すことで技の出かかりを潰せる。ルーファスの場合はファルコーンキック→立ち小キック→少し遅らせて立ち大パンチ→大銀河トルネードと言う風にグラップ潰しをすることができる。少し遅らせてEX救世主キックでもできるっぽいけど、まだ技術的にあんまり狙えない。(笑)



 このキャミィは複合グラップを仕込んでいる。対戦時は複合グラップだったかどうかまでは分からなかったけど、しゃがみグラップはしてるっぽいなーと言う感じだったので、立ち大パンチを遅らせて潰すことに成功! 2ラウンド目からはグラップ潰しがばれてきてるようだったので、投げにきりかえー。グラップ潰しは決まると気持ちがいいけど、当然読まれていると昇竜拳とかで割り込まれたり、そもそも擦りプレイヤーには通用しない。さらに遅らせグラップでグラップ入力を遅めに入力されるとガードされてしまうので過信は禁物。遅らせグラップを潰すために、さらにグラップ潰しを遅らせる遅らせグラップ潰しなんてのもあるみたいだけど。(笑) まあ対戦中に投げ抜けはされるのにグラップ潰しはガードされるなんてときは、遅らせグラップっていうのをやってるっぽいから、もうちょっと遅めにグラップ潰しして見ようかなーとかそんな感じで狙ってみたりはしたかなー。


確反を覚える
 確反とは読んで字のごとく「確実に反撃できる」という意味で、何かをガードしたあとにしっかりと反撃していくというもの。一見スキのないような技でも、実はちゃんと反撃できたりするので覚えておいて損はない感じ。地味なものだと、キャミィのキャノンスパイクをガードしたらしゃがみ大パンチとかそんな感じ。(笑)とは言っても、まだ全然覚えられない+体に身についておらず、とっさには反応できなかったりしたんだけど、これだけは絶対覚えておきたいというのをふたつ覚えたー。

  • バルログのEXフライングバルセロナアタックにはEX蛇突ネイチャー
  • E・本田のUC(スーパー鬼無双)にはUC
 バルログのEXフライングバルセロナアタックは急に突っ込んでくるのでそもそもガードしづらいし、ガードしても裏側から攻められてあたふたしてしまうんだけど、跳びひざ蹴りをガード後、EX蛇突ネイチャーで大ダメージが与えられるチャンス。バルログは反対側に飛んでいくのでコマンドも逆に入力。ちょっとでも遅れるとちょっとしか当たらなかったり、当たらなかったりするので即出せるよう要練習。近距離でお見合いしてると痺れを切らして使ってくる場合もあるので、屈伸運動しつつ誘ったり。(笑)相手のコンボミスでキャンセルをガードできたら即反撃とかそんなんで役に立った気がするー。本田の方はスパ2Xのなごりもあり、一発目をガードしたら、なにかしらで反撃できるというのが頭に入ってたので比較的簡単に狙えた。とは言え本田と戦うことがあんまりないのと、UCぶっぱな人もいないので使う場面はあんまりなかったかなー。なんかおいしい確反あったら教えてください。(笑)


祝PP2000!
 ということで、このブログを作り始めた頃にはPP2012までいってたんだけど、ようやく記事が現在のところまでおいついてきたー。(笑) もともとランクマは滅多にしないのでPP2000超えてからしばらく経ってはいるんだけどねー。個人的にランクマを繰り返してPPを増減させるよりは、エンバトでなんとなく実力があがったかなーと思ったところで、ランクマに挑戦するみたいな流れが好きなので、エンバトで上手い人を見つけては対戦する毎日が続いています。てか、ランクマ緊張するしー。(笑)


PP2000
▲対戦内容は褒められたものではないけど、一応達成ー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です