東京ゲームショウ2012に行ってきたー

 ということで東京ゲームショウ2012に行って参りました。今年は去年より増して気温が高く、ジメジメしてたから会場内も熱気がすごいすごい! 全体的にモバイル系の展示が多かった気も……。

tgs2012

 注目していたものはいくつかっあって、無双OROCHI2 HYPERやモンスターハンター4なんかは見ておきたいゲームだったねー。あとはDMC デビルメイクライなどなど。ただ、それも注目のソフトは並ぶ時間が……。60分程度はザラな感じで、逆にいまいちなゲームは即プレイOKみたいな。(笑) モンスターハンター4に関しては整理券を配っていて、その時間に行けば比較的すぐにプレイできたのでよかったよかった。

MH4ブース
▲相変わらず爆発的な人気のモンスターハンターシリーズ

個人的にはWii Uで発売される無双OROCHI2 HYPERが一番気になるところだったー。

ガオー
▲暑い中がんばってる謎の怪獣。


三國無双6 Empires
徐庶 11月8日発売予定の真・三國無双6 Empires徐庶という新キャラが追加されたり絶招秘計とかいう計略が追加されたりと新要素はチラホラ。新キャラといっても三國無双6がベースなら基本アクションは武器依存なはずだから、無双乱舞とかその辺が違うだけなのかな? 最初から装備しているムチっぽいのが新しい武器っぽい気もしたけど……。ちょっと三國無双6はあんまり覚えてないのでうろ覚え。(笑) テストプレイした限りでは、良くも悪くもいつものEmpiresと言う感じで、拠点を陣取りして、最終的に本陣を落とせば制圧みたいな流れぽかった絶招秘計絶招秘計はカットインが入る計略で、火計とか、プレイヤーの移動速度が異常な速度になるなんかそんなのもあった。(笑) この辺の使い道がいい感じで楽しめそうー。戦国無双3 Empiresではその辺の計略がほとんど省かれてしまっていたので、この辺で楽しみが見いだせたらいいなー。

 あとはキャラエディットに力を入れてるみたいで、その辺をデモで強調してた。(笑) 今まではテンプレートが少なかったり、いじれるところが少なかったりだったけど、ざっと見た感じでも結構細かくいじれる感じだったねー。顔のエラのサイズとかバーで微調整したり。(笑) だからなんちゃって別キャラみたいなの作れるのかなー。とか期待したりしなかったり……。

エディットモード1
▲シリーズ最高とうたってるからには期待してよさそうだー。

エディットモード2
▲とにかく色々細かかった。

 制限時間が10分しかなくて、余裕で時間切れで敗北。(笑)「時間厳しいですねー」って言ったら、「ほんとギリギリなんですよー。今日もクリアした人2人くらいしかいませんねー」だってー。く、くやしい。(笑) ということで今までのエディットに不満を持ってる人には期待できる一本となるのかなー。てかXBOX360版ないんだー。



無双OROCHI2 HYPER
無双OROCHI2 HYPER Wii Uで発売される無双OROCHI2 HYPER。PSP版の無双OROCHI 2 Specialに続き、今度はHYPERかよ! て感じだけど、基本的なシステムは無双OROCHI 2と同じ感じっぽい。こちらも新キャラが2人追加されてるのかな? テストプレイでは1キャラ(写真の手前に映ってる女キャラ)しか使えなかったけど、デモでは2人並んでたので多分2人っぽい。Wii Uの気になる画質だけど、まあ普通にHD画質っぽくてWiiよりは全然いい感じ。

 気になる操作性だけど、あのタブレット式のコントローラはお世辞にも無双向けとは思えなかった。まず何が違うかというと、左右のスティックの位置。とくに右スティックがボタンの上にあるのは致命的で、攻撃しながらカメラを微調整したり、歩きながらカメラを微調整するときにすごく違和感を感じたかなー。あとはボタンとの距離。右スティックとボタンとの距離が近いというか変というか、自分ではYボタン(通常攻撃ボタン)を押してるつもりがXボタン(チャージ攻撃ボタン)を連打してたりして、なんだこのもっさりした通常攻撃は! とか新キャラ使って思ってしまったことも。(笑) やはりボタン配置に慣れないのか、テストプレイしてる人も操作方法の書いてあったパネルとゲームパッドとにらめっこしてるシーンもちらほら。

Wii U GamePad ▲全体的にごつかった。

 STARTボタンやSELECTボタンもBボタンとかの近くにあるので、誤作動しやすいイメージ。慣れればいいんだろうけど、無双に関してはおとなしくクラシックコントローラ使った方がよさそう。全体的に新要素は多いとは言えないけど、無双OROCHI 2 Specialの購入を見送った私にとっては、無双OROCHI 2から新キャラが4人増えたことになるし、なんか新ストーリーや新モードもあるっぽいので欲しいところー。本体が高すぎるのがネック……。



モンスターハンター4
 モンスターハンター4モンスターハンターシリーズの期待の新作が3DSで登場。正直「3DSでしょー? もういいよー……」とか思ってたんだけど、
プレイしたら余裕で欲しくなりました。(笑) ただやっぱり大画面+慣れたコントローラでやりたいというのもある。相変わらずデモムービーやゲーム内の画面は撮影禁止っぽかったので、新モンスターっぽいのをパチリ。新しい武器は、虫を操るという今までにない武器な感じだけど、説明書見ても扱える自信ががなかったのでとりあえずは片手剣でやりました。片手剣もアクションが一新ってほどではないけど、かなり変わっていてステップとかダッシュ斬りっぽいのが追加されてていい感じー。テストプレイで戦えるモンスターは初級のドスジャギィ、中級の新モンスター(名前忘れた)、上級のティガレックス。もちろん、チキンなので中級程度にしておきました。(笑)

 新モンスターということもあり、新要素の地形の段差を利用した飛び乗りが活用できるマップになっていて、モンスターの動きもそんな感じだった。ギギネブラみたいに上にぶら下がったり、口からなんか吐いたりと中級っぽい感じ。ツタをよじ登り、ツタの上からモンスターに飛び乗ったり、飛び乗った後は頭を剣でブスブス刺すアクションがワンダと巨像を彷彿とさせる感じで気持ちよい。もちろん、永遠にしがみつけるわけではなく、スタミナが減ったら振り落とされる感じ。強走剤飲んだらどうなるんだろ。(笑) プレイ時間は15分だったんだけど、時間ギリギリで討伐できて拍手してもらったー(^o^) 前回はガノトトスが倒せなかったから地味に嬉しい。参加賞としてポーチがもらえるのも大盤振る舞いでいいよねー。使い道聞かれると困るけど……。

ニンテンドー3DS LLが出たときは「なんだよ右スティックないのかよー」とがっかりしていたけど、これはまたやりたくなってくる楽しさがあって、どうしようかなー。


ねこ
▲ねこもどや顔でお出迎え!


ウメハラ氏もいたよ!
 最近、これだというゲームが出てなくて、某メーカーはリメイクだのオンラインだのでご馳走様的なソフトばかりだし、カードコンプにお金使ってねみたいなゲーム性皆無っぽいゲームが多い中、楽しめそうなゲームが増えてきたのは嬉しいところー。個人的には、ゲームはやっぱりこうでないとという感じなものを作ってもらいたいなー。ほかにもやりたいゲームはあったけど、とにかく並ぶのに時間がかかるので、基本的にはぶらぶらしてました。んで着ぐるみやコスプレさんを撮影していたので残りはそれで楽しんでください ※きれいなおねいさんはいません

0041
▲こいつも最後までがんばってました!


0043
▲抱きついてくるムーミン。


0051
▲とにかくノリノリでチャラい(笑)


0048
▲カメラ向けたらかっこいいポーズしてくれたー。


0047
▲モンハンブースにいたハンターたち。こちらもかっこよく決めポーズ。


0050
▲あれ、ゲームショー来たはずなのに……。てか似非筋肉(笑)


0049
▲なんだかすごそうなゲーム。


0046
▲モアイ。モアイ。イオンリング。イオンリング。


0042
▲三和のブース。

 静音レバーとか静音ボタンが売ってたんだけど、本当に静音。ボタンなんてすごく静かなので思わず買いそうになったけど、3つか4つで1400円とかちょっと高いので諦めました……。


ウメハラ
▲Mad Catzブースにいたウメハラ氏。


 別の社員さんが気さくに話しかけてくれて、Mad Catz製の良さを聞いていたところ「梅原さんもいるんでぜひ写真でも!」なんて言われて、え? どこ? とか思ったら普通に後ろにいた。(笑) ミーハーぽく写真撮らせて頂きましたー。最近スパ4やってるんですよーって言ったら「何使ってるんですか?」って聞かれて「ルーファスです」っていったら、なんか微妙な感じの返事だったんだけどダメですか。(笑) んでも人が良さそうな感じだったねー。


 ということで充実した一日でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください