フェイロンと戦う(1)

 ルーファス使ってて、個人的にこれ終わってるorしんどい系のキャラは、サガット、フェイロン。そして個人的につまらないのがザンギエフ、Tホーク。そして対策知らずでもうどうにでもしてくれーっていうのがいぶき。(笑) んで、フェイロンからしてがうざそうな立ち回りをして見ることに。

0052

 フェイロンと言えば、お手軽コンボと呼べるハイハイホワァ〜の烈火拳と、対空の熾炎脚、奇襲と逃げに大活躍の裂空脚と至れり尽くせり。まあスパ2Xの頃は自分も使っていたので、この辺は仕方ないと思いつつもやっぱりスパ4だときついきつい。オマケに超リーチのセービングアタックに、コマンド投げまで追加されちゃってどうしちゃったのこのキャラ状態……。烈火拳をガードして反撃の隙をうかがおうとしても、烈火拳にぶっささったり、よし攻めろーっと思ったら熾炎脚で割り込まれるしー、ガン待ちしてやるとか思ったらコマ投げ喰らうしーで、しばらく何やって良いのかさっぱり分からなかったんだけど、最近うずざファルコーンキックを覚え、相手を威嚇することを覚えた。(笑) とはいっても高PPの人に通用するかは分からないけどねー、まあPP3000まではこんなスタイルで頑張っていこうかと……。


ファルコーン連発で威嚇
 烈火拳は見てから反応できるとかそういうレベルじゃないし、途中で止められてもうまく反撃に持っていけない。ただ、ファルコーンキックで踏み潰すことができるので「烈火拳やっても踏めるんだぞ」と言わんばかりに遠目の位置で連発しまくる。上手く烈火拳が踏めれば相手にプレッシャーを与えられるし、そろそろ裂空脚orセービングやって来るだろうなーと思ったらおもむろに銀河トルネードで攻めたりー。んでもって相手が「なんだこれ?」みたいな感じになったらしめたもので、時折前の方にファルコーンキックを出して攻めに転じるといい感じだった。前の方に攻めるときは、実際にガードさせたり熾炎脚がギリギリ当たらない微妙な位置で落下したりして揺さぶる。


ガチャプレイと見せかけるのも重要
 こういうぱっと見適当にやってるっぽいプレイを見ると、大体起き上がりはEX救世主キックで暴れてくると思わせることができる。これを逆手にとれば、垂直ジャンプを読んでジャンプ大キックで迎撃したり、起き上がりにファルコーンで攻めたりと、そのまま攻めに持っていける。あくまで雑っぽく見せかけて、実際はよく見て対応できるようになりたいところー。(笑) 相手がイライラして熾炎脚ぶっぱモードになったらしめたもの。


投げからの攻防
 下記の対戦動画にはそのシーンはないけど、前投げをした後は前ダッシュ×2→前ジャンプ中キックでフェイロンをめくることができる。なんかどっかで見たテクニックなんだけど思い出せない。ジャンプ中キックは気持ち早めに出すといい感じだった。これでリバーサルの熾炎脚も潰せるし、めくりにもなるしでいいことだらけ。裂空脚で逃げられることがあるので、その辺は駆け引きでどうにかしたいところー。


このままではダメなんだろうけどー
 結構フェイロンは判定が広いのか、ちょっとした隙にファルコーンキックからしゃがみ中キック→EX銀河トルネードを絡めたコンボを上手い人がやってたから、その辺を吸収しつつー、もうちょっと上手にプレッシャーをかけられるといいのかなー。そういやフェイロンのUC2の当て身だけど「どこからでもかかってこい」って言い終わった瞬間に判定がなくなってるんだねー。だから、台詞聞き終わったらすぐに反撃してよかったっぽい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です