リュウと戦う(1)

 今更感があるけど、今日うまいリュウの人と対戦できて、それなりに覚えておきたいなーってことがあったのでまとめてみようかと思うー。

0057

 (1)とかナンバリングしてるけど、もっと(2)とかに進展するのか不安なところ。(笑) リュウと言えば波動拳に昇竜拳。見えないめくり竜巻とオーソドックスで安定した強さがあるキャラ。当然擦りもできるわけで、ルーファスを使ってると、いつ割り込まれるんだと不安との戦いでもある。こういうキャラはとくに相手のプレイスタイルで攻め方も変えていきたいところだねー。今日対戦してくれた人は、すごく冷静で当然ちっとも勝てなかった訳なんだけど、勉強になった連戦でした。んでも、こういう人と戦うと1戦が長い長い。神経がすり減っていく感じがひしひしとー。


遠距離〜中距離では様子見
 当然相手は波動拳を打ってくるわけで、こちらと言えばしゃがみ大パンくらいしか届く技がない。やるとしたら波動拳をセービングしたり、垂直ジャンプや蛇突ネイチャー交わしたりする。相手のリズムを読みつつ、垂直ジャンプのあとファルコーンキックで軌道を変えたりして、じわじわとプレッシャーを与える。銀河トルネードで波動拳を打ち消しながら接近することもできるんだけど、上手い人相手だと簡単に銀河トルネードを潰されるね。中足とか中パンとかで簡単に潰せるっぽい。(笑) かなりの頻度で潰されてたので完全に対応できるレベルの判定しかないんだと思う。どーしたもんかなー思ってたけど、レバーで距離を調節して最後のパンチだけを当たるようにすると、相手の中足とかの外から当てられたけどー、どうなんでしょう。


近距離で差し合い
 差し合いっていっても、主力はしゃがみ大キック、立ち中パンチくらい。相手のしゃがみ中キックに対してファルコーンで踏んだりして奇襲をかけていきたいところー。しゃがみ小パンチや立ち中キックも地味にリーチが長くてけん制しやすいのと、運かも知れないけど相手のしゃがみ中キックに対して、こちらのしゃがみ中キックで潰せたかなー。あとはセービングで威圧しつつ、相手の飛び込みをまったり……。近距離立ち大パンチなら空中竜巻も潰せるし、しゃがみ中パンチなら反応遅めでもほとんど潰せるしで対空には困らないはずなんだけど、私の腕では反応できないことが多いです。(笑) 相手がプレッシャーに弱ければ、もう飛ぶしかないという環境が読めて対空に集中できるんだけどねー。難しいー。

 よく飛ぶ相手は、こちらがジャンプ攻撃をガードすると小足を数回当てた後さらに飛んできてめくろうとしてくるので、そこは迎撃したいところ。


起き攻め
 基本通りファルコーンキックで裏か表かみたいな感じでやりたいところなんだけど、擦られると簡単に潰される。ファルコーンをガードされるとその後すぐに割り込まれると不安要素が多いので、相手を見てあえておき攻めしないのもいいかもね。本当は起き攻めしてガンガン攻めたいところだけど……。あとは大げさかってくらいめくるようにファルコーンを出せば、昇竜拳の裏側を踏めるので、無作為に暴れてるだけならこれだけで十分。


セビキャン対策
 昇竜拳をガードしたところで反撃できるわけではなく、セービングキャンセルで前ダッシュされるとつらいねー。あれって分かってても返せないなーとトレーニングモードで試してみたんだけど、EX救世主キックとか通常攻撃じゃガードが間に合うし、こちらが投げを狙おうとすると相手の最速の攻撃に潰されたりと、もうセビキャンされた時点で五分の読み合いが始まってる感じなのね。唯一UCで反撃できたけど、正直反応できる自信がない。(笑) 手堅くいくならしゃがみ遅らせグラップとかなのかしらー。


総括
 地味にセービングのリーチが長いので、読まれるとバスバス刺さってしまう。相手のセービングには銀河トルネードで簡単に潰せるので、適度に近距離で銀河トルネードを出してセービング対策するといいかも。当たり前なんだけど読まれないこと。

 あとリバーサルはボタンひとつで出るもんだと思わないとダメだねー。昔はコマンドの難しさといったら昇竜拳>波動拳だったけど、スパ4は逆。昇竜拳なんて相手方向に斜め下2回で出てしまうほど簡単。起き上がりは左下→下→右下とぐちゃぐちゃしながらボタンを連打してるだけで表も裏もお構いなしにリバーサルが出てしまう恐ろしいゲームです。なので、リバーサルにこだわってる相手にはあえて起き攻めはしない方が安全だねー。とは言っても私は昇竜拳を連発するタイプが苦手でどうしようもないんだけど。(笑)


▲長いこと対戦に付き合ってくれた人との動画。ためになったなー。



リュウと戦う(1)” への2件のコメント

  1. こんにちわ。
    キャラ対で1番重要なリュウの対戦記事という事で読ませて頂きました。
    やはり使用人口が多いですしリュウに勝ててこそ上へいけるといっても過言ではないと思います。
    私も今までリュウは苦手でキャラ対を考えなかったのですが最近キャラ対を考えながらメモしているので情報交換、アイディアを深めるという意味でも書かせて頂こうと思います。

    リュウ戦
    近くでの甘えた波動を垂直ファルコンで刺していく垂直Jが非常に有効。何もしない飛び。つまり準詐欺飛びが重要。波動は飛び込み以外にも大トルもちゃんと使う。
    遠距離の波動にはJ大P>中足>EX銀河が 画面かなり遠くからでも決まる。
    近距離昇竜の立ガード確反にファルコンコア大Pできる。
    セビ前ステ。前へ進んで中足波動を誘いそれにファルコンを当ててゆく、壁まで追い詰め飛んだところに大P対空で落としファルコンを通りやすい下地を作る。
    互いにゲージMAX状態だと不利。昇竜からの真空波動が飛んでくるのでファルコン詐欺、準詐欺飛び等昇竜を打たせてゲージを吐かせることが大切。
    コパ固め等の最後の中足波動、または当て投げは読めれば低空ファルコンを当ててダメージを。
    立って波動を狙っている下がりに、下段技のグローリーや屈大Kで屈させて波動を止める。
    遠大Kもふる。ただし リュウの中足合わせは失敗も多くリターンよりリスクのほうが大きい。

    メモからのコピーなので文章が荒いので申し訳ないです。
    動画を拝見させて頂いた限り私以上にリュウ戦を考えて動かれていらっしゃると思いますが何か掴むきっかけとなると嬉しいです。
    長文失礼しました。では

  2. >Kさん
    こんにちはー。
    リュウは本当に使ってる人がおおいですよねー。その分色んなタイプがいるので大変です。(笑)

    リュウのメモありがとうございますー。
    昇竜拳をガード後にファルコーンが刺さるなんてすごいですね!
    練習してものにしたいなー。

    動画では相手がよかったからいろいろ考えられたのかもしれませんー。手を出せばカウンターもらっちゃう相手だと動きがやばいです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です