遅ればせながら『戦国無双4』プレイ中

ナンバリングタイトル4年ぶりの『戦国無双4』は大きくパワーアップしてた。

0088

 なんだかんだで楽しみだった『戦国無双4』を購入。『戦国無双3』とはうって変わってワラワラ感が増して、爽快感もいい感じにパワーアップ。新キャラも増えて力の入った一作となっている気がー。

戦国無双3からの進化
 既存のアクションを尊重しつつも、新しい技が追加されたことによってアクション性は増して、かなり遊びやすくはなっていると思う。特に新たに追加された神速攻撃のおかげで、アクションが成長していない序盤のつまらなさを上手くカバーして、最初からガンガン攻めていけるゲームになったのは大きな変更点。いきなり「難しい」から初めてもストレスなく進めていけるのはいいね。

0089


神速攻撃
 今回新たに追加されたアクション。△から始動する連続攻撃で、操作的には今までの通常攻撃からチャージ攻撃の流れを逆にした感じ。△→△→□とか、△→△→△→□とかそんな感じ。基本的に大きく前進しながら攻撃する広範囲攻撃で、周囲の敵を巻き込みながら華麗な連続技が楽しめる。□を入力するタイミングで浮かし技や衝撃波などに派生し、技によってはそのまま流れるように通常攻撃へ移行できるのが何とも気持ちがいい。ただ、神速攻撃が追加されたことによってチャージ1という概念がなくなり、信長とか三成とか地味にチャージ攻撃1が楽しかったキャラは悲しい。逆に孫市みたいな攻撃範囲が狭くクセのあったキャラも神速攻撃のおかげで広範囲攻撃で攻めていけるようになったね。

0090


無双極意
 今までの無双奥義は発動後、○ボタン押しっぱなしで固有の攻撃をしたり、○ボタンを離して無双奥義中に自由に技を出したりすることができたけど、今回の無双奥義は発動後自動で技が出るようになった。しかもフィニッシュ技が加わってこれだけでも非常に強力。それに加え、今回は練技ゲージが最大の時にR3を入力することで無双極意という新たな技が出るようになった。発動後は以前の無双奥義のように無敵になって自由に技が出せる。発動中は練技ゲージがどんどんなくなっていって、ゲージがなくなるとモード終了。無双ゲージがあれば、無双極意中に○を入力すれば以前のように無双奥義・皆伝が出せる。無双奥義まわりも自由度が高くなってるねー。どれも威力が高すぎでビックリ。(笑)

0091


殺陣とジャストガード
 相手の体力が一定以下で気絶などの条件が重なると、相手の頭上に△マークが表示される。このときに△を入力すれば殺陣攻撃へと移行し大ダメージが期待できる。体力を減らしてチャージ攻撃3で気絶させ、殺陣攻撃へというお手軽なコンボでかっこいい演出が〜。また、相手の攻撃とタイミングよくガードするとジャストガードになって、このときも殺陣攻撃へ移行できる。ジャストガードの恩恵が得られるようになったのは大きいね。

0092


操作キャラ切替
 クロニクルの要素が追加されて、戦場には2キャラで出陣することになる。片方は指定した方針通りに動いて、片方は自分で操作。SELECTで操作キャラを切り替えてステージを攻略していく。あらかじめ敵の増援付近に片方を待機させておけば、効率のいい攻略ができる。ただちょっと面倒なところは否めない。


ステルスもなく快適
 三國無双シリーズに比べると戦国無双はステルスもなく快適にプレイできる。敵が多くなりすぎて敵1体1体の存在感が薄くなり、緻密な攻略ができなくなった感はあるけど、ごちゃごちゃしすぎという程ではないから許容範囲かなあ。シリーズを増すごとに利用価値がなくなってきた緊急回避はしれーっとなくなって、代わりに馬呼びが標準装備となったのは嬉しいところ。でも緊急回避もちょっと欲しかったり。(笑) エディットキャラも充実して、jpgなどの画像を家紋にできたりと自由度は高く、長く遊べそうなゲームではあるねー。PS3版とPSVITA版があるけど、両方でセーブデータの互換もあるのも嬉しい。あっ、そういえばソフトリセットができなくなってたわ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿日: 作成者: カテゴリー: 無双シリーズ | タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です